ねずみは色々な種類がいる|被害が大きくなる前にネズミ駆除業者を呼んで退治しよう

被害が大きくなる前にネズミ駆除業者を呼んで退治しよう

作業スタッフ

ねずみは色々な種類がいる

ネズミ

ねずみへの対抗手段の話

ねずみ駆除をする方法としては、ドラッグストアやスーパーなどで売られている毒餌や粘着型シートを利用した駆除が一般的です。毒餌は食べて胃のほうへ餌が運ばれると、毒素が身体に伝わっていきやがて死に至るのが特徴なので、天井裏などに撒かれることが多いです。粘着型シートのついた罠は一度上に乗ると、小動物では引きはがすことができないのが魅力です。また、業者の中には粘着型シートの上チーズの切った物を乗せて、ねずみ駆除を狙うこともあるようです。農家のほうでは日頃からねずみに悩まされていることから、大きいオリのような大きさの罠を農地に設置することがあります。ねずみが大きい時に使用される罠ですが中に入ると、どうあがいても罠から抜け出せないので、ねずみ駆除のやり方としては最強とも言える方法です。

罠が効かないねずみがいる

ねずみにはハツカネズミ、ドブネズミ、クマネズミなど色々な種類がいて、最も数が増えやすいのがハツカネズミです。ねずみ駆除の方法は粘着型の罠があれば対応できますが、他の2匹は25cmを越えるサイズになると粘着型の罠は効果がない場合があります。また、クマネズミは賢いことから粘着型の罠の位置を覚えてしまう習性があるので、対策として罠の上に香りの強い餌を置くとねずみ駆除できます。大きいねずみが相手の時は見た目がカゴのような罠を使うとねずみ駆除できますが、そのまま設置しただけでは効果がないので、罠の中にウィンナーなどの餌を入れます。ねずみは常に餌を食べていなければ生活できないので、餌の存在には敏感なため、放置しておくといつの間にか罠の中に入っていることがよくあります。